歯周病と検診

  1. 歯周病の治療について
  2. 定期検診をおすすめします
  3. 定期検診の内容が充実しました
  4. 歯磨き(セルフケア)のポイント

1.歯周病の治療について

「歯肉から出血する」「ちょっとしみる」といった軽い症状で来院された方の中に、ご自身が思っている以上に歯周病が進行している場合が多く見られます。また虫歯の治療を希望されて来院された方でも歯肉炎や歯周炎の症状が見られる事もよくありますので、そのような時は「今、ご自身のお口の中がどのような状態なのか」分かりやすく説明させて頂く様心がけています。その為に、お口の中の写真やレントゲン撮影、歯周病検査(ポケット測定)等をさせていただいています。

現在、成人の8割近くが歯肉炎や歯周炎に罹っており、40歳以上で歯を失う主な原因は虫歯ではなく歯周病です。厄介な事に気がついた時にはかなり進行していて、治療には時間も根気も必要なのが歯周病治療です。終わりのない歯周病との戦いになりますが、歯科医院での「プロケア」とご自身での「セルフケア」、そして定期的な検診を継続する事で大切な歯を少しでも長持ちさせましょう。

お手入れのいき届いたお口で美味しく食事をし、おしゃべりをお楽しみ頂ける様、スタッフ一同お手伝い致します。

Topへ戻る

2.定期検診をおすすめします

虫歯を詰めたり、かぶせたり、歯のお掃除(歯石を取る)等をして治療が終わったら、『もう治った』『しばらくは大丈夫』と安心し油断をしていませんか?

虫歯の原因は虫歯菌(ミュータンス菌他)、歯周病の原因は歯周病菌です。それらの菌がお口の中に沢山いる事が問題なのです。再発を防ぐ為には、それらの菌をお口の中から減らす事が最も重要なポイントとなります。新しい虫歯が出来る事より、1度削った歯(治療した歯)が再び虫歯になる確率の方が高いのをご存知でしょうか?また、歯周病は完治する事はなく、治療後の状態を保ち進行を阻止しなければなりません。

定期検診のすすめ

そこで、虫歯の再発や歯周病の進行を阻止するには自宅での歯のお手入れが何より大切になってきます。でも毎日の歯磨き等のお手入れを頑張っていても、なかなか上手く届かない所や取り残し等が出てきます。定期検診ではそういう所をチェックし、きれいにします。3~6ヶ月ごとの定期検診を受けると虫歯や歯周病の予防の効果があがります。毎日の歯磨きと定期検診の両立がお口の中の健康の維持にかかせません。

当診療所では虫歯や歯周病の治療が終わりましたら、お口の中の状態に合わせて『3ヶ月』『6ヶ月』『1年』等の検診をお勧めしています。お帰りの際に、次回の予約を取って帰る方が多いです。『1年目検診』の方には、ご案内のお葉書をお送り致します。お電話でご予約の際は『定期検診』とお伝え下さい。定期検診には30分〜40分程のお時間を下さい。内容によっては2回に分ける場合があります。

Topへ戻る

3.定期検診の内容が充実しました

虫歯菌や歯周病菌等が絡み合って歯の表面にこびりついてしまった汚れ(バイオフィルム)は歯ブラシではなかなか取りきれません。音波歯ブラシの方が良く取れると言われていますが、それでも十分ではありません。

そこで、一番確実な除去方法であるPMTCを導入する事にしました。
PMTCとは歯科衛生士が様々な器具とフッ素入りのペーストを使いて、歯の表面やポケットの中1〜2ミリの汚れを機械的に除去する方法です。毎日のお手入れを頑張っていても、届きにくい所や取り残しが出てしまいます。定期的なPMTCをすることで、虫歯や歯周病の予防をしましょう。

定期検診の内容

下記の内容はお口の中の状態によって変更します。

  • PMTC
    PMTCに使っています
  • PMTC
    マッサージに使っています
  • 歯周病検査(ポケット測定)
  • 歯磨きチェック
  • 歯石除去
  • 着色除去
  • PMTC
    (バイオフィルムの除去、洗浄、フッ素塗布またはMIペースト塗布)
  • 歯肉や頬や唇のマッサージ
  • 深いポケット内のプラークの除去と洗浄
  • 入れ歯の超音波洗浄(歯石又は着色除去)
  • 口腔内写真撮影(1年に1回くらい)
  • レントゲン撮影(1年に1回くらい)
MIペースト
リカルデント配合。う蝕活動性を低下させ再石灰化を促進。フッ素との併用で相乗効果あり。
マッサージ
血行を良くし、頬の可動域を広げ唾液分泌を促し口腔内のコンディションを整えます(無料)
入れ歯の超音波洗浄
歯石又は着色除去専用液使用。除菌も出来ます(無料)
  • 検診には30分から40分程お時間を下さい。
  • 内容によっては2回に分ける場合があります。
  • お帰りの際に次回のご予約を取られる方が多いです。
  • お電話でご予約の際は『定期検診』とお伝えください。
Topへ戻る

4.歯磨き(セルフケア)のポイント

「毎日気をつけて磨いているのに、また虫歯が出来てしまった」とか、「知らない間に歯周病になっていた」等の経験はありませんか?

虫歯や歯周病の原因は細菌です。それらの細菌の塊は『プラーク(歯垢)』と呼ばれ、歯とよく似た色をしていて粘りがあります。爪で歯と歯肉の境目辺りをこすってみて下さい。爪についた白っぽい汚れが『プラーク』です。

虫歯や歯周病の予防には、いかに上手にプラークを取り除くかがポイントになります。

では、そのポイントをお伝えしたいと思います。

ポイント1

プラークは歯と歯肉の境目や歯と歯の間にたまりやすいので、そこに歯ブラシの毛を当てて歯ブラシを小さく動かすことです。
ちゃんと毛先が当たっているか、鏡で確認しながら磨いて下さい。

歯磨きのポイント
ポイント2

プラークが取り除かれた歯はツヤがあり、なめるとツルツルしています。歯磨きの後は歯と歯肉の境等を舌でなめてチェックをして下さい。ヌルヌルやザラザラした所があれば、まだプラークが残っています。
ツルツルするまで磨き直して下さい。お口の中がすっきりしますよ。

ポイント3

歯肉の出血がある所は避けないで他の所より丁寧に磨いて下さい。炎症を起こして出血する歯肉は、原因のプラークを取り除けば、歯肉の赤みが取れ腫れが引き健康な歯肉に戻って出血は治まります。
2週間から1ヶ月程度で効果が現れてきます。あきらめず続けて下さい。

セルフケアーのお助けグッズです。
歯ブラシとの併用をお勧めします。
全て当院でお買い求めいただけます。

セルフケアーのお助けグッズの写真

上段左から
フロス(e-フロス)、洗口剤(コンクール)、歯磨剤(ジェルコート)、音波歯ブラシ(プリニア)、歯ブラシ(マキシマ)、歯間ブラシ(プロスペック)、タフトブラシ(インタースペースブラシ)、舌ブラシ(舌フレッシュ)

より細かなポイントは診療中にお伝え致します。
分からない事は、遠慮なくスタッフにお尋ね下さい。

Topへ戻る

Information
<所在地>
大阪市中央区北浜4-1-21
住友生命淀屋橋ビル6F
<TEL>
06-6227-0418
<FAX>
06-6227-1346
<診療時間>
AM 9:20-12:20
PM 2:00-6:30
<休診日>
土曜午後、日曜、祭日
<最寄り駅>
御堂筋線淀屋橋駅
4番出口徒歩1分
QRコード
▲携帯用QRコード